CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    高校までは続けよう
    0

       

      磐田市の接骨院より


       



       

      こんにちは。

       

      オヤージセラピストの渡邉正晴です。

       

      全国的な寒波の影響で

       

      温暖と言われる静岡でも場所によって

       

      雪が降ったりと寒い日が続いています。

       

      先日オヤージ家のバケツの水も

       

      2cm程の厚さに凍っていました。

       

      さて

       

      この時期中学3年生のクライアントさんが来ると

       

      やはり気になるのは今やっている競技を

       

      高校生になっても部活や

       

      クラブで続けるのか?どうかです。

       

      もちろん決めるのは個人の自由ですし

       

      色々な考えがあっての決断になりますが

       

      「続ける」と答えてくれると

       

      とても嬉しい気持ちになります。

       

      高校生になると学校やクラブによっては

       

      練習時間が長く休みが少ないとか

       

      指導者、上下関係が厳しいとか

       

      今まで以上に自由な時間が無かったり

       

      勉強との両立・・・と

       

      なかなか大変になりますが

       

      あえて自分から飛び込んでいく

       

      子たちには応援したい気持ちになります。

       

      たとえ中学で思うような結果が出なかったり

       

      レギュラーになれなかったとしても

       

      高校までは競技スポーツを続けてほしいです。

       

      それは中学までは体格や心の成長に差があるため

       

      結果にも影響されやすいのですが

       

      そういった差が無くなってくる高校期の頑張りで

       

      結果が出たり競技の楽しさを実感出来たりすることが

       

      出来るかもしれないからです。

       

      小さいころからひとつの競技を長くやっているような子も

       

      ほとんどは高校までで一区切りになります。

       

      大学進学後も競技を続ける子はごく一部となり

       

      ましてやプロや社会人選手で活動となれば

       

      更に選ばれたほんの一握りの選手だけとなります。

       

      もちろん色々な形で大人になっても

       

      続けられるのが理想ですが

       

      競技として本気で打ち込めるのは学生時代

       

      までだと思うので、高校生になっても

       

      続ける子たちには悔いの残らないよう頑張ってほしいです。

       

      そして出来れば今よりもその競技のことが

       

      好きになってくれるといいなと思います。

       

      勝ち負けの結果だけではなく

       

      その過程を楽しめるようになったら

       

      きっと現役生活を終えても

       

      またいつか関わることが出来ると思います。

       

      先ずは高校受験(笑)

       

      ガンバレ!中3生!

       

      オヤジセラピストへ

      応援クリックを↓↓

       


      にほんブログ村

       


      にほんブログ村

       


      にほんブログ村

       


       

      ジュニアアスリートとお父さん・お母さんを応援!

       

      磐田市の整体接骨院

       

      わたなべ接骨院|アスリートセラピー

       

      http://aththerapy.com

       

       わたなべ接骨院 関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージ
      byわたなべ接骨院

       

      | ジュニアアスリート | 15:26 | - | - |
      ジュニアアスリートとSNS
      0

        JUGEMテーマ:接骨・整骨・柔道整復師

        磐田市の接骨院より


        こんにちは。

         

        オヤジセラピスト渡邉正晴です。

         

        先日ジュニアテニスの保護者向けの

         

        セミナーがあり参加させていただきました。

         

        その時のお話の一つ。

         

        最近SNSに関するトラブル

         

        芸能人や著名人だけではなく

         

        スポーツ選手にも増えているそうです。

         

        SNS個人の発言や行動が誰でも自由に

         

        インターネットを通じて発信出来ますが、

         

        反対に自分から発信しなくても第三者から

         

        写真や動画あるいは個人情報などが

         

        許可なく発信されてしまう事があります。

         

        トラブルに発展する例として・・

         

        「遠征や合宿時の悪ふざけ」

         

        「未成年の飲酒、喫煙」

         

        「公共や店舗での迷惑行為」

         

        「指導者や先輩からの暴力や暴言」

         

        「交際、交友関係のプライベートな写真」

         

        「無免許運転や違法行為」

         

        「マスコミへの対応態度」など・・。

         

        こうした情報が拡散、炎上が発生すると

         

        個人だけでなく家族やチーム学校企業

         

        大きなダメージを受けることになります。

         

        スポーツ選手社会的には好印象

         

        に見られ易い反面、こうしたSNSのトラブル

         

        を機に大バッシングを受け易いと言えます。

         

        大会出場が停止になったり、、

         

        チームやスポンサーとの契約が解除されたり、、

         

        指導者が解任されたり、、

         

        マスコミも大きく取り上げる程

         

        スポーツ選手の「失敗」は影響力が大きいという事です。

         

        こうしたトラブルはトッププロ選手だけの話ではなく

         

        学生アスリートジュニアアスリートにも

         

        実際にトラブルが起きています。

         

        こうしたトラブルを未然に防ぐために

         

        学生やジュニア世代でも数年前より

         

        「メディアトレーナー」による

         

        「メディアトレーニング」を取り入れる

         

        クラブや学校が増えているそうです。

         

        「メディアトレーニング」とは

         

        将来注目をされるプレイヤーになった時に

         

        必要とされる対応として

         

        「マスコミのインタビューの答え方」

         

        「大会でのスピーチ」

         

        「フォトセッション時のカメラへの向き方」

         

        「SNSの正しい自己アピールの発信」

         

        などの基本を学びます。

         

        大げさに思えるかも知れませんが

         

        たとえ有名な選手にならなくとも

         

        こうした対応をしっかりすることが

         

        アスリートのリスク対策になると思います。

         

        専門トレーナーからの指導は

         

        受けられなくても

         

        SNSを利用するジュニアアスリートの

         

        お父さん、お母さんには

         

        子供に選手を取り巻くリスクを伝え

         

        「使わない」ではなく

         

        「正しく使う」ことを

         

        ぜひ教えてあげてほしいと思います。

         

        オヤジセラピストへ

        応援クリックを↓↓

         


        にほんブログ村

         


        にほんブログ村

         


        にほんブログ村

         


         

        ジュニアアスリートとお父さん・お母さんを応援!

         

        磐田市の整体接骨院

         

        わたなべ接骨院|アスリートセラピー

         

        http://aththerapy.com

         

         

         わたなべ接骨院 関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージ
        byわたなべ接骨院
        | ジュニアアスリート | 17:34 | - | - |
        << | 3/9PAGES | >>