CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
感情のコントロールは人それぞれ
0

    JUGEMテーマ:ジュニアテニス

     

    こんにちは

    オヤージセラピストのわたなべです。

     

    昨日は久しぶりに子供たちの試合へ行きました。

    ジュニアの公式戦ではなく

    市民大会の女子一般の部に出たのですが

    参加者が少ないうえジュニアがほとんど・・。

     

    でも公式戦の勝ち負けのプレッシャーがかかる

    試合ではないので子供たちも気持ち的に余裕

    のはずでしたが・・。

     

    やはり試合になれば

    「勝ちたい!」気持ちが出てきます。

    いい流れで自分のテニスが出来ていたのに

    「勝ちを意識してしまった」後半

    ミスが続いて、まくられそうな展開になり

    コートからは次女の

     

    「もったいない!」「今のは違うだろ!」

    「無理したー!」「大きいんだよ!」

     

    大きな独り言が(笑)聞こえてきたり・・

    ミスショットの後にラケットを落したり・・

     

    スポーツメンタル関係の本を見ても

    「ネガティブな表現、言動はしない」や

    「常にポジティブな考えを」みたいな事が

    書いてありオヤージも「その通りだな」と

    思っていましたが・・。

     

    上手くいかない時に沸き起こる

    自分に対する「イライラした感情」や

    「怒りのような感情」を我慢したり

    コントロールの仕方は人それぞれだな

    と思うようになりました。

     

    それは、ある時テレビでテニスの試合を見ていて

    ミスをした選手が自分のラケットを叩きつけて

    壊すシーンがあったのですが

    解説者は

    「プロとしては良くない行為だが

    勝負に勝つためには悪い感情を出し切って

    気持ちをリセットする」と言っていました。

     

    プロ選手だけでなく

    ジュニア選手にも必要と思うのは

    ネガティブな感情を抑えることよりも

    「気持ちを切り替える」ことや

    「悪い感情を引きずらない」で次の

    プレーをすることだと思います。

     

    ジュニアの試合でも

    上手くいかず泣いてしまったり

    プンプン怒りながら相手を威圧したり

    故意にウソジャッジしたり・・

    いろいろありますが

     

    子供たちを見ていると

    ココの部分の成長には時間が掛かるなー(笑)と

    思いますが、それだけテニスは難しい競技と思うので

    口は出さずに(笑)見守りたいと思います。

     

     

    オヤ-ジセラピストへ

    応援クリックを↓↓

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


     

    スポーツけが痛み

     

    テーピングコンディショニング

     

    お気軽にお問合せください

     

    磐田市接骨院整体院

     

    わたなべ接骨院アスリートセラピー

     

    https://aththerapy.com

     

     わたなべ接骨院 関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージ
    byわたなべ接骨院

     

     

    | ジュニアテニス | 16:59 | - | - |
    << | 2/75PAGES | >>