CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
応援マナー
0

    JUGEMテーマ:ジュニアテニス

     

    磐田市の接骨院より



    こんにちは

     

    オヤージセラピストの渡邉正晴です。

     

    1月に入り寒い日が続きますが

     

    子供たちのテニスは

     

    この年始から春にかけて

     

    上位大会へと繫がる大事な試合が

     

    続きます。

     

    競技テニスをやっている子供たち

     

    の多くが全国大会や地域大会出場を

     

    目標に練習していると思います。

     

    ジュニアテニスの試合は、ほとんど

     

    審判の付かない「セルフジャッジ」で

     

    行なわれますが

     

    特に上位大会に繫がる大会では

     

    選手の「勝ちたい」気持ちから

     

    ジャッジを自分有利にしてしまい

     

    試合を中断して選手間でモメる

     

    シーンを時々見ます。

     

    選手だけでなく応援する保護者にも

     

    勝ってほしい気持ちからか

     

    マナー違反では?と感じる行動があります。

     

    テニスには他のスポーツのように

     

    「声」を掛けての応援が

     

    「試合中コーチングしてはいけない」

     

    というルールにより禁止されています。

     

    そのため良いプレーには「拍手」をして

     

    応援することしか出来ないのですが

     

    なかには相手選手の凡ミスやダブルフォルト、

     

    自分側のネットインでのポイントに

     

    「拍手」する保護者もいます。

     

    自分で取りに行った(決めた)ポイントと違い

     

    ミスによって相手にあげてしまう

     

    ポイントでは選手は気持ちが

     

    落ちそうになったりイライラしたり

     

    することもあると思います。

     

    そのような状況下で相手の応援側から「拍手」

     

    されても試合を続けなくてはいけないので

     

    ジュニア選手といえどもタフなメンタルが

     

    要求されます。

     

    ただオヤージが思うのは

     

    試合をするのは選手(子供)同士であって

     

    そこに保護者(大人)の余計な介入は

     

    無い方が良いと思うのです。

     

    選手同士が一生懸命に最後まで試合をして

     

    勝ち負けが決まる。

     

    それで十分じゃないでしょうか?

     

    試合の中で相手の嫌がることを選手がプレーで

     

    表現するのは素晴らしいと思いますが

     

    保護者によるマナー違反の応援で

     

    相手選手のメンタルが落ちて

     

    勝てたとしても

     

    心から喜べますか?

     

    子供はそのような応援を望んでいるでしょうか?

     

    甘いと言われても

     

    勝つためなら・・の厳しさは

     

    プロ選手ではないジュニアの世界には

     

    必要ないのではと思います。

     

    オヤジセラピストへ

    応援クリックを↓↓

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


     

    ジュニアアスリートとお父さん・お母さんを応援!

     

    磐田市の整体接骨院

     

    わたなべ接骨院|アスリートセラピー

     

    http://aththerapy.com

     

     わたなべ接骨院 関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージ
    byわたなべ接骨院

     

    | ジュニアテニス | 11:27 | - | - |
    2018静岡トーナメント
    1

    JUGEMテーマ:ジュニアテニス

     

    磐田市の接骨院より


    こんにちは、

     

    オヤージセラピストの渡邉正晴です。

     

    お正月恒例の伝統ある大会

     

    「第69回静岡トーナメント」に

     

    子供たちが出場しました。

     

    1月2日から始まるこの大会は

     

    U12のジュニアからO75のシニアまでの

     

    カテゴリーがあり

     

    シングルス・ダブルスが行なわれます。

     

    これだけ大きな規模の大会なので

     

    各カテゴリー参加者数によって

     

    日程が組まれるのですが

     

    ジュニアの部は例年4日通し位に

     

    なっているので選手も大変ですが

     

    今年は3日通しだったので助かりました)

     

    親も毎日早起きして会場への送迎が

     

    あるのでお正月といってもゆっくり

     

    休めません。

     

    ですが1年の始まりをこうした大会で

     

    他の選手や保護者と共に

     

    スタート出来る喜びもあります。

     

    1年の間には勝ったり負けたり

     

    調子が良い時や悪い時

     

    身体と心の成長と共に

     

    色々な経験を積んでいくと思いますが

     

    年初めのこの大会を見ていると

     

    今年も子供たちの目標に近づくことが

     

    出来ればいいなという気持ちになれます。

     

    オヤージも昨年はジュニア選手の親として

     

    たくさんの失敗を経験しましたので

     

    今年はその経験が活かせるよう成長したい

     

    と思います。

     

    試合結果

     

    U14ダブルス

     

    1R ● 0−6

     

    U14シングルス

     

    長女

     

    2R 〇 6−1

    3R 〇 6−4

    QF ● 1−6

     

    次女

     

    1R 〇 6−1

    2R 〇 6−2

    3R ● 1−6

     

    オヤジセラピストへ

    応援クリックを↓↓

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


    にほんブログ村

     


     

    ジュニアアスリートとお父さん・お母さんを応援!

     

    磐田市の整体接骨院

     

    わたなべ接骨院|アスリートセラピー

     

    http://aththerapy.com

     

     わたなべ接骨院 関連キーワード:接骨・整骨 / 整体 / マッサージ
    byわたなべ接骨院

     

    | ジュニアテニス | 12:17 | comments(0) | - |
    | 1/7PAGES | >>